東京の賃貸・不動産情報はアブレイズ・コーポレーション

2023/05/04

分譲マンションを借りる際の注意点!



◆分譲マンションを借りる際に注意したいこと

みんな大好きな分譲マンション!

一部の高級賃貸マンションを除いた賃貸マンションに比べて、分譲マンションはそのクオリティの高さが魅力的であります。

設備面を見てみてもやはり分譲マンションに分があるように思われます。

もちろん、投資用の分譲マンションもありますが、広めの間取りになってくれば当然に実際にそのお部屋を購入して住んでいる人も多くなってくるわけです。

そのため、長期間住むことが比較的少ない賃貸マンションに比べてクオリティが高いのでしょう。

ただこのようなうれしい分譲マンションですが、賃貸で入居する際に注意した方が良いことがいくつかあります。


◆そもそも分譲マンションとは?

分譲マンションと賃貸マンションの違いとして、いちばんの違いは、部屋毎にオーナーが違うかどうかが大きな点です。

賃貸マンションは一棟まるまる同じオーナーが所有しておりますが、分譲マンションは部屋毎に異なるのでそのオーナーさんは「区分所有者」なんて呼ばれています。

分譲マンションち賃貸マンションの違いについては以前に記事にしていますので、以下のリンクよりご参照ください。


分譲マンションとは?賃貸マンションとどのように違うのだろう


そんな分譲マンションは建物や土地ではなく、部屋を所有することから、その所有している部屋に関しては当然ながら所有権を持つわけですが、共用廊下やオートロック、エレベーターなどみんなが使うべき部分、各区分所有者の共有となります。そのためこのような部分を共用部分を呼びます。

そのような共用部分は上述のとおり区分所有者の共有となるため、それらを維持管理するために所有者同士で管理組合という組織を立ち上げて、お金を出しあったり、共有部の清掃を入れたり、設備の維持メンテナンスなどを行っています。

この管理組合は分譲マンションであれば必ず設置されています。


マンションの管理組合とは?賃貸と関係あるの?


◆分譲マンションにはマンション毎にルールがある

分譲マンションの特徴として、管理組合が設置されていること以外に、分譲マンション毎にルールが定められているということも大きな特徴のひとつです。

どの分譲マンションにも「管理規約」と呼ばれるルールが定められており、共用部分の範囲、使用方法、理事会の権限や義務など管理組合運営に必要なことについて定められており、まさにマンションの憲法というべきものとなっています。

また、管理規約に基づきさらに細かいルールが定められており、これらの細かいルールを使用細則と呼びます。

使用細則については「禁止事項」や「管理組合への届け出事項」「駐車場・駐輪場・バイク置場など付属施設の使用ルール」などなど細かく定められていることが多いようです。

これらの管理規約や使用細則は賃貸で借りる際の賃貸借契約書とはまた別に定められていることから、賃貸借契約に記載がなくても管理規約や使用細則に記載がある事項については賃貸で借りる場合であっても順守しなければなりません。

賃貸で借りるとしても、これら管理規約や使用細則というものをしっかり確認するようにした方が良いでしょう。


◆駐車場を借りたい方は特に注意

分譲マンションの駐車場を借りようとしている方は特に注意してほしいのですが、管理規約や使用細則で「駐車場を契約できるのは区分所有者に限る」というような規定のあるマンションが稀にあるということです。

そのような規定があると、賃借人は駐車場を借りることができません。

「そんなマンションあるわけないだろう!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これのような定めのあるマンションは意外とあります。

特に、購入して住んでいる方が多くいるようなファミリー層向けのマンションや駐車場の台数が少ない物件などに多く見られる傾向がありますが、駐車場を使用するのを希望するのであれば、申し込みをする前に確認しておきたいところでありますね。


◆ペット不可なのに他のお部屋でペットを飼っている!?

「自分はペット不可と聞いて、分譲マンションを賃貸で入居したのに、他の部屋ではペット飼育している!」なんて言うことが多いのも分譲マンションで注意すべき点です。

お部屋のオーナーの方針でその部屋ではペット不可であるが、マンション自体はペット飼育可能ということも結構あります。

そのようなマンションでは、自分お部屋はペット不可なのに他の部屋では飼育しているなんてことが起こりえます。

ペット嫌いでなければ問題はないでしょうが、ペット嫌いでペット不可のところ探しているという場合はあらかじめそのマンション自体がペット飼育不可かどうかはあらかじめ確認した方が良いでしょう。


◆まとめ

本日は分譲マンションに賃貸で入居する際の注意点についてお話ししました。

上記のような注意点のほか、分譲マンションの場合は賃貸借契約書以外に管理組合に提出するよう書類も結構あったりしますので、必ず確認するようにしましょう。

特に賃貸借契約では規定されていないけど、管理規約や使用細則で規定されていることに関しては特に注意が必要ですので、管理規約や使用細則は必ず確認するようにしましょう。

アブレイズコーポレーション東京駅本店では、賃貸借契約などに関する記事も以前に書いておりますので、以下のリンクをご参照ください。


賃貸における善管注意義務とは?


賃貸物件を契約更新する際の手続きは?


賃貸における重要事項説明とは?受ける必要あるの?


ちょっと待って!賃貸物件を解約する前に確認すること


定期借家契約のメリットと注意点


◆お部屋探しはアブレイズ!

これからお部屋探しをするなら、初期費用の削減とサービスの向上を目指して営業しているアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください。LINEでのご対応も可能です!


初期費用が安い

賃貸物件の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月程度かかると言われています。

けっこう高いですよね。

しかし、アブレイズコーポレーションであれば、どの物件も仲介手数料無料〜仲介手数料半額でご紹介が可能!

皆様のお部屋探しを初期費用の観点からもサポートいたします。

「もっと初期費用を抑えたい・・・」という方も、礼金0や、フリーレント付きの物件などもご提案が可能ですので、ぜひますばご相談ください!


きめ細やかなサービス

お部屋探しするけど、不動産会社ってちょっと怖い・・・

そんな方もご安心ください!

アブレイズコーポレーションであれば「まずは相談だけでも・・・」といったお問い合わせも大歓迎です。

新生活の中心となるお家に関することですので、わからないことなどがあれば何でも聞いてください!

丁寧にご対応させていただき、皆様の不安をひとつひとつクリアにします!

東京でのお部屋探しならアブレイズコーポレーションです!


東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください!


アブレイズコーポレーションがお客様から選ばれるのには理由があります。


オンライン無料相談も受付中☆お気軽にお問い合わせ下さい!


お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

アブレイズコーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

東京の賃貸・不動産情報はアブレイズ・コーポレーション

アブレイズ編集部

アブレイズ・コーポレーション編集メンバーが不定期で更新します。不動産界隈の最新ニュース・物件更新情報・アブレイズ・コーポレーションからのお知らせやお部屋探しに役立つ情報をわかりやすく紹介します!

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

住宅情報サイト掲載分・相見積りOK!
初期費用無料お見積りはこちら

TOP