東京の賃貸・不動産情報はアブレイズ・コーポレーション

2023/04/10

ルームシェアをする場合の注意点



◆ルームシェアを始めるのは難しい?

新生活を迎え、これから兄弟姉妹同士や友人同士でルームシェアをしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

ルームシェアをするのにあたり、インターネット上でお部屋探しをしている方もいるかもしれませんが、インターネット上で「ルームシェア相談」と記載があってもすべての物件がルームシェアができるわけではない部分に注意が必要です。

ルームシェアをする相手の続柄、性別、国籍などによってルームシェアができる、できないというのは大きく変わってきます。

本日はルームシェアをする場合のお部屋探しのコツや注意点についてお話していきたいと思います。


◆そもそもルームシェア相談可能な物件は少ない

まず、前提としてルームシェアが相談可能な物件そのものが少ないという点は注意が必要です。

なぜルームシェアが相談できる物件が少ないのか?

それは、仲違いなどによる急な退去が多いからです。

オーナーさんとしてはできる限り長く住んでもらいたいと思うもの。

まだ兄弟であればその関係性というのは血で繋がっているものですから、その関係性というのは途切れるということは滅多にないのでしょうが、友人関係となると、一緒に生活することで、仲違いするなんてことも十分に考えられます。

また、片方に恋人ができて同棲をするためにルームシェアを解消するなんていうこともあるかもしれませんよね。


◆ルームシェアをする相手の関係性が重要

ルームシェアをするのにあたり、ルームシェアをする相手の関係性は兄弟、姉妹や友達、同僚、そして女性同士か男性同士か、また国籍などなど、様々な関係があるかと思います。

上述のとおり、オーナーさんというのはお部屋にできる限り長く住んでもらいたいと思うものです。

ですので、その関係性によってルームシェアができる物件の数も変わってきます。

兄弟や姉妹であればシェアで切る物件でも友人同士だとダメであったり、女性同士ならOKだけど、男性同士だとNG、日本人同士ならOKだけど、外国籍の方同士だとNGなど様々なパターンがあります。

そのため、1件1件その関係性を説明してルームシェアができるかどうかを確認していかなければなりません。

ですので、インターネットである程度自分たちの住みたい物件のイメージが掴めたら、早めに不動産会社にルームシェア希望であることを伝えて、物件を探してもらってしまった方が早いです。


◆入居審査が厳しくなる場合がある

ルームシェアをする場合は、当然のことながら片方の方がすべての家賃を出すのではなくて、家賃の支払いもシェアすることが想定されます。

また、二人でシェアするため、通常の一人暮らしで住むような1Kタイプやワンルームタイプではなく、1LDKや2K、中には2DKや2LDKというような広いお部屋を探している場合が多いでしょう。

そのため、一人で住む時よりも家賃帯が高い物件を探すことが多くなりがちです。

その際に気を付けたいのが入居審査が厳しくなる場合があるということです。

賃貸物件の入居審査はルームシェアする全員の収入で審査してくれるとは限りません。

というよりは、どちらかというと代表者となる契約予定者ひとりの内容で審査することの方が多いと思っておいてください。

ルームシェアなら十分に支払える家賃であっても、入居審査では契約予定者一人の収入をもとに審査をすることとなるため、入居審査が通らないという可能性も増えるわけです。。

ルームシェアを実現するためには、契約予定者に十分な収入があるか、または、シェアする全員の収入をもとに審査してくれる物件であるかに絞られてくるわけです。


◆ルームシェアする上での注意点

ルームシェアが可能な物件が見つかったとして、憧れのルームシェアがようやく始まったとしてもそこで安心しないようにしましょう。

ルームシェアであるからこそ、ルームシェアをする相手とは様々な取り決めを決めてそれを守っていくようにしないと、将来的にルームシェア解消なんていうことにも発展しかねません。

取り決めた方が良い内容は以下の内容です。


・家賃や水道光熱費の負担割合

・炊事や掃除、洗濯など家事の分担

・私物を使用する際のルール(相手のものを使う際は了解を取るなど)

・来客の際のルール(恋人や友人など)

・お風呂や就寝の時間などを決めておく など・・・


確かにルームシェアは楽しいイメージを持っている方も多いかもしれませんが、上記のようなルールをしっかりと決めていかないと、徐々にほころびが出てくることとなります。

また、人によってはプライベートが確保できないことによりストレスを感じる方もいらっしゃるかと思いますので、そのような場合はどのようにプライベートを確保するかもしっかりと考えておいた方が良いかと思います。


◆まとめ

本日はルームシェアをする際のお部屋探しのコツと注意点についてお話ししました。

ルームシェアが可能な物件はその関係性にもよりますが、まずお部屋探しのいくつかのハードルがあるため、早めの段階で不動産会社に相談してしまった方が良いということをよく理解してお部屋探しをするようにしましょう。

また、ルームシェアを始めたら、ルールを決めてそのルールを守るということが大切になってきます。

アブレイズコーポレーション東京駅本店では、ルームシェアのご相談も受け付けておりますので、まずはご相談下さい。


なお、アブレイズコーポレーション東京駅本店では、目的別のお部屋探しに関する記事も書いておりますので、以下のリンクよりご参照ください。


学生さんのお部屋探しの進め方


外国人のお部屋探し~審査のポイントなど


就職や転職の場合のお部屋探しはどうすればよい?


パートやアルバイトだと賃貸物件を借りることはできないのか?


SOHO可の賃貸物件を探すときに注意すべきこと


◆お部屋探しはアブレイズ!

これからお部屋探しをするなら、初期費用の削減とサービスの向上を目指して営業しているアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください。LINEでのご対応も可能です!


初期費用が安い

賃貸物件の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月程度かかると言われています。

けっこう高いですよね。

しかし、アブレイズコーポレーションであれば、どの物件も仲介手数料無料〜仲介手数料半額でご紹介が可能!

皆様のお部屋探しを初期費用の観点からもサポートいたします。

「もっと初期費用を抑えたい・・・」という方も、礼金0や、フリーレント付きの物件などもご提案が可能ですので、ぜひますばご相談ください!


きめ細やかなサービス

お部屋探しするけど、不動産会社ってちょっと怖い・・・

そんな方もご安心ください!

アブレイズコーポレーションであれば「まずは相談だけでも・・・」といったお問い合わせも大歓迎です。

新生活の中心となるお家に関することですので、わからないことなどがあれば何でも聞いてください!

丁寧にご対応させていただき、皆様の不安をひとつひとつクリアにします!

東京でのお部屋探しならアブレイズコーポレーションです!


東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください!


アブレイズコーポレーションがお客様から選ばれるのには理由があります。


オンライン無料相談も受付中☆お気軽にお問い合わせ下さい!


お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

アブレイズコーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

東京の賃貸・不動産情報はアブレイズ・コーポレーション

アブレイズ編集部

アブレイズ・コーポレーション編集メンバーが不定期で更新します。不動産界隈の最新ニュース・物件更新情報・アブレイズ・コーポレーションからのお知らせやお部屋探しに役立つ情報をわかりやすく紹介します!

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

LINEでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

住宅情報サイト掲載分・相見積りOK!
初期費用無料お見積りはこちら

TOP