INFORMATION

退去前の賃貸物件を申し込みしよう!知っておいた方が良い先行申し込みと先行契約。

退去前の賃貸物件を申し込みしよう!知っておいた方が良い先行申し込みと先行契約。



◆退去前の物件も申し込むことができる!

気に入った物件があり、さて内見しようと不動産会社に問い合わせたところ「〇月〇日退去予定なので、まだ内見はできない物件です」なんて言われた方もいらっしゃるかと思います。賃貸物件は解約届が提出された段階で募集が開始されますので、退去前の物件も数多く募集されているのが現実です。

実はこのような退去前の物件でも入居申し込みをすることができる物件があるのです(内見しないと申し込みを受け付けてくれない物件もあります)。もし、物件の周辺もよく知っていて、ものすごく気に入った物件があれば一度、不動産会社に相談してみてください。


◆退去前物件の申し込みは大きく分けると2つある

退去前物件の申し込みには大きく分けて2つあります。この2つは大きく異なりますので、よく覚えておいた方が良いでしょう。以下、詳細をご説明します。


①先行申し込み

先行申し込みとは、室内のご内見前に入居審査を進めておき、実際に内見をして意思決定してから契約に進むという方法です。万が一、内見して気に入らなくてキャンセルした場合でもキャンセル料等はかかりません。なお、先行申し込みでも入居審査は進めますので、申込書への情報記入や身分証の提出などは必要となります。


②先行契約

先行契約とは、室内のご内見前に入居審査だけでなく契約まで進めるという方法です。もちろん、初期費用の支払いも内見前に行います。この場合は内見後にキャンセルした場合も通常解約と同じ扱いになってしまうため、費用の持ち出しが発生しますので注意が必要です。なお、相場に比べて安めの家賃で募集されている物件に多い傾向があります。


◆人気物件は退去前にどんどん決まってしまう!

人気物件は退去前でもどんどん申し込みが入ってしまいます。特に先行申し込みであれば、万が一のキャンセルの際にも費用の持ち出しというリスクがないですし、先行契約であっても相場より家賃が安いなどのメリットがあれば退去前に募集終了ということがあります。

もし、かなり気に入っている物件であれば退去前に手を打ってしまった方が良いでしょう。まずは不動産会社に相談してみてください。


◆退去前の物件を申し込む際に確認しておきたいこと

先行契約であれば当然ですが、先行申込みの場合であっても実際に物件現地まで足を運ぶことは必要です。周辺の環境や物件の外観、見れるようであれば共用部やほかの内見できる部屋などを見ておけばイメージも高まります。

写真を見て気に入っていたのに、実際に物件に行ったら物件前の道路が暗くて怖い!・・・なんてことがあったら大変ですので実際に物件には行ってみましょう。


◆退去前の物件を申し込む際に注意すること

退去前の物件であっても「〇月中旬入居予定」と言ったようにおおよその入居予定時期が設定されていることが多いですが、そのスケジュールに合わせて入居日を決定してしまうのは少し危険です。

現居住者が退去した後、ルームクリーニングなど室内の原状回復工事が行われますが、例えば壁に「大きな穴が開いている」や「設備の故障がある」などお部屋の状況によっては工事に時間がかかってしまい入居予定時期を過ぎてしまう可能性もあるからです。引越し業者の手配などは入居可能日が確定してから手配するようにしてください。


◆まとめ

人気物件は退去前にどんどん決まっていってしまいます。不動産会社に問い合わせをしたときに、「内見ができないのに募集終了」や「内見ができないのに申し込みが入っている」と回答を受けた方もいらっしゃるかと思いますが、これは退去前に申し込みができるからです。

ですので、先行申し込みと先行契約の特徴をよく知って、上手く使うことでより理想的なお部屋探しができると思います。なお、上記でも触れましたが、退去前に申し込みができない物件もあり、全ての物件でできるわけではないので、まずは不動産会社に聞いてみてください。


アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では、退去前の物件なども含め、お客様のスケジュールに合った物件のご提案をさせていただいております。メリットやデメリットもあわせてご説明差し上げておりますので、まずはお気軽にお問合せ・ご相談下さいませ。



ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加


CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい

INQUIRY

初期費用「最安値」宣言! お問い合わせはこちら